家族1
雲
雲
雲
雲

住宅ローン滞納・⽀払えなかったら・・・

住宅ローンを⽀払えなくなり、滞納が6ヶ⽉以上続くと
⾃宅(持ち家)は差押えられ、競売の⼿続きに⼊り、
銀⾏によっては3ヶ⽉の滞納で競売申し⽴てをされます。

住宅ローン滞納
競売の
デメリット

競売になると家は強制的に売りに出されます。
競売物件はネットに掲載されて住所、家の外観、部屋の中までの情報が簡単にダウンロードされてしまいます。
落札されると不動産引渡命令がくだり、家を出ていかなくてはなりません。
代⾦は全て借⾦の返済にあてられるので、⼿元にお⾦が残りません。
安く売却されてしまって、家を⼿放しても多くの借⾦が残る可能性があります。

戸建て

こんなお悩みありませんか︖

住宅問題で悩む男性 住宅問題で悩む男性
arrow
⼤丈夫です!

任意売却で解決できますので
ご安⼼ください!

東京の任意売却専門家の任売先生に相談

任意売却とは︖

⾦融機関(債権者)の同意を得た上で、不動産業者を介した⼀般市場で物件を売却する⽅法です。

競売が相場価格の5〜7割安い価格で取り引きされるのに対し、任意売却では⼀般の不動産市場価格とほぼ同等の価格で売却される可能性が⾼いため、売却後の住宅ローンの残債が少なく抑えられ、⾦融機関側においても債務不履⾏のリスクを回避・軽減できるといった、債務者・債権者双⽅にとってメリットのある不動産売却⽅法です。

また、任意売却を応⽤することにより、慣れ親しんだ家を⼿放すことなく、そのまま住み続ける⽅法もございます。

任意売却メリット・競売デメリットを⽐較

  競売 任意売却
売却価格
市場価格より低い⾦額で落札

物件の内覧をせず、価格交渉もできないまま購⼊する事になるので、市場価格より安値で取引されます。

⾼値売却で⼿元資⾦が残る

任意売却では⼀般の不動産市場価格とほぼ同等の価格で売却される可能性が⾼いです。

居住
強制退去

競売での落札者が家の所有者となり元の所有者は強制退去を裁判所より命じられます。

住み続ける⼿段も有

リースバックという形で任意売却すれば住み慣れた地域、家を離れることなく住み続ける⽅法もあります。

引越し費⽤
引越し費⽤がかかり強制退去

競売での落札後、実費で退去するための引っ越し費⽤がかかります。

引越し費⽤を確保

任意売却後、売買代⾦の中から引越し費⽤を捻出したり、購⼊者が⽀援してくれる場合もあります。

プライバシー
プライバシー侵害リスク

ネットに公開され⾃宅が競売にかけられるなどの、私的な事情が近所や職場の⼈に知られてしまうリスクがあります。

プライバシーが守られる

ご近所や、⾝近な⼈に知られる⼼配がなく、秘密厳守で問題を解決することができます。

戸建て
任意売却の専門家
東京の任意売却専門家の任売先生に相談

住宅ローンが
支払えなくなった方へ

住宅ローンを支払えず数カ月滞納、延滞すると、債務者は住宅ローンを分割で返済する権利(期限の利益)が失われてしまい、お金を貸した側の金融機関(銀行)は残った住宅ローンの全額を一括で返済することを要求してきます。

残債務を一括で返済できない場合、金融機関である債権者は担保となっている自宅(持ち家)を差押えし強制的に競売にかけ売却。その売却代金から貸したお金を回収します。

当サイト任売先生では
「住宅ローン滞納月数別の対処法」「差押え・強制退去」「競売までの流れ」
について詳しく解説しております。

お急ぎで住宅ローン問題、不動産に関する問題を解決されたい方は
お電話・メール・LINEにてお問合せください。

1人ひとり個別に専任となり、迅速に対応させていただきます。

住宅ローン滞納問題・家族
東京任意売却・雲

ケース別の
持ち家・不動産問題

当サイト任売先生では、東京をはじめ全国各地で様々なケースの
住宅ローン問題および不動産に関するお悩み相談を日々受けております。

会社が倒産、住宅ローンが払えなくなった
数カ月滞納し督促状が届くようになった
差押えや競売だけは回避したい
離婚後、1人では住宅ローン支払えないが今の家に住み続けたい
親が亡くなり実家を相続することになった兄弟で売却をめぐり揉めている

など、様々なお悩みを抱えている方からのご相談をうけております。
また、その中から任意売却で解決に至る代表的な
ケースについて詳しくご紹介いたします。

東京の任意売却の専門家がご相談受付のため伺います。
戸建て
東京の任売先生の一都三県任意売却での解決事例

任意売却による解決例

東京を中心に住宅ローン、不動産に関するお悩みを任意売却にて解決した実際の事例をご紹介しております。

任意売却して家族が幸せに公園で過ごす

東京の任売先生
プロフィール

任売先生は東京を中心に全国各地で
住宅ローン問題を
任意売却にて解決
するため
日々活動しております。

弁護士先生からご依頼を請けることも多く、クリアで適正な不動産査定書の作成から
債権者(金融機関)との交渉や調整等を行い、
債務者、住宅ローン滞納者の方にとって有利な解決策をスピーディーに導きます。

当サイトでは「既に不動産業者や弁護士に相談してみたが問題が複雑すぎて断られてしまった…」
といった極めて困難な問題を抱えている方への対応も行っております。

様々なケースに対し実務経験が豊富ですので
どうぞ安心してご相談ください。

東京で任意売却は15年以上の経験と実績
東京で15年以上の
任意売却実績あり
東京で弁護士先生からのご依頼を受け続けてきた
弁護士と連携し
難解な問題も解決
適正でクリアな不動産査定書の作成
クリアで適正な
不動産査定書の作成
雲
雲
東京戸建て
家族

任意売却の
よくあるご質問

住宅ローンの返済が苦しいのですが、何か良い解決策はありますか?

任意売却を選択することで精神的、経済的負担を大幅に軽減することが可能です。今あなたが置かれているご状況をしっかりと理解したうえで適格な解決方法をアドバイスさせていただきますので、住宅ローン返済のご状況について御聞かせください。
また、当サイトでは1人ひとりに個別で私が直接ご相談に応じておりますので安心してお問い合わせください。

住宅ローンを滞納し競売を申し立てがきました。任売売却はもう遅いですか?

住宅ローンの滞納後に競売を申し立てられたとしても任意売却での解決はできることが多いです。
ただし、時間が経てば経つほど有利な解決方法がなくなってきてしまいますので、可能なかぎり早い段階でご相談ください。
状況に応じて適格な判断で解決策をご提案いたします。

任意売却の相談は弁護士に相談した方が良いですか?

任意売却については債務整理の一種であるため、弁護士の先生にご相談いただくことはもちろん可能です。
ですが、任意売却は不動産取引となるため宅地建物取引業免許をもっていないと全て解決に至るまでの対応をすることは不可能です。
任意売却を成功させるためには知識やノウハウを十分にもった不動産専門業者と弁護士との共同で解決する必要があります。
当サイト任売先生では、優秀な弁護士、司法書士との連携も長年にわたり行ってきておりますのでどんな状況下であっても対応可能でございます。

任意売却の相談や任意売却を行うえで何か費用はかかりますか?

ご相談料や任意売却を行う際の費用など一切かかりませんのでご安心ください。

今の持ち家を手放したくないですが何か良い方法はありますか?

月々お支払いになられている返済額や返済期間を変更することにより住宅ローンの支払いを今後続けていくことが可能であれば、銀行(金融機関)に対しどのような交渉をすれば良いかアドバイスさせていただきます。
しかし、仮に銀行がその交渉に応じない場合は家族や親族、または投資家に今の持ち家を購入してもらい、その後に賃貸として済み続けるという方法(リースバック)もございます。
リースバック後、賃貸だった持ち家を再び買い戻すという方も中にはおられます。

完全無料!
⾃⼰負担⾦0円で
対応します!
全国無料相談受付中

任売先生では
1人ひとり個別に専任となり
対応します!

LINE&メール受付/24時間 365日対応
電話受付/平日10:00〜19:00

TOP